スポンサーリンク
スポンサーリンク

列車

列車について

投稿日:2017年3月26日 更新日:

仕事の関係で、よく列車を利用します。

関西に住んでいる関係で、東京出張は度々あります。

このページでは、列車に着いて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

昔の東海道新幹線にあった食堂車

やっぱり最初は、東海道新幹線でしょう。

私が子供の頃(1970年代)は、新大阪から東京間は、3時間19分でした。

のぞみ号なんてまだなくて、ひかり号。こだま号もまだなかったです。

その当時の新幹線には、今は無き食堂車がありました。

食堂車でジャンボハンバーグを食べた思い出があります。

切ったら中から赤い血(肉汁だったかも?)がでてきて「生焼け?」とも思ったのですが、ステーキはレア、ハンバーグ大好きだったのでそのままいただきました。別に腹をこわすことはなかったのでよかったのですが。

食堂車は結構好きだったので、無くなってしまって残念。

食堂車の他に、ビュッフェ車もありましたね。

趣がありました。また復活しないでしょうかね。

スポンサーリンク


  今の東海道新幹線

現在の新幹線でのぞみ号を使えば、新大阪から東京間は2時間40分弱。

40年も経てば、40分も短縮されるんですね。

列車の性能が上がるばかりでなく、ダイヤの問題や、停車駅を減らしたりした関係もあるでしょう。

2時間40分で東京から大阪に行けるなら、食堂車を利用する人も減るでしょうし。

それとも、食堂車を減らして客車にした方が、「輸送できる乗客が増えるから」といった理由もあるのでしょうけど。

今の新幹線の車内で食事を買おうと思ったら車内販売くらいしかないでしょうけど、列車内の販売価格は高いですね。ジュース買うのも3倍くらいの価格です。

これはきっと、

「列車に乗車する前にプラットフォームにあるキヨスクやコンビニで飲食物を買ってください」

というJRの策かもしれません。

スポンサーリンク

東海道新幹線の普通列車とグリーン車

東海道新幹線の列車には、「普通列車」と「グリーン車」の2種類あります。

「普通列車」には自由席と指定席があります。シートは同じ。

2席と通路を挟んで3席に分かれています。

「グリーン車」は、2席と2席。

料金は、新大阪と東京間ですが、

「普通車自由席」13240円

「普通車指定席」13750円

「グリーン車」18390円

といった感じでしょうか。

「普通車自由席」と「普通車指定席」は大して料金が違わないので買えるなら指定席を買うべきですね。立って乗るとか通路に座るよりはずっといいので。

「グリーン車」は高いので、あまり買う人がいません。

そりゃそうですよね。

「普通車指定席」と「グリーン車」は、4640円もの差があります。

4640円もあったら、かなり良い食事ができますし、良い買い物もできますから。

しかし、「グリーン車」は「グリーン車」の良さがあります。

まず、「普通席」よりもシートが広い。

これは当たり前ですね、公知です。

そして「普通車」が満席でも「グリーン車」はかなりすいている場合がある。

(それだけのために、2時間40分で4640円も余分に払うのは高いじゃんか!)

大抵の人はそう考えますが……。

最近、会社の売り上げが良くなったので出張のときは「普通車」から「グリーン車」に変えて実感しました。

「グリーン車」は疲れない。

シートが広いだけでなく、空いているので窓側の席を指定すれば大抵通路側は空いています。ですので、広い席2席をひとりで専有できます。

出張で使う場合、この「疲れない」というのは大きなアドバンテージを持っていますね。

東京に到着してもすぐに仕事にとりかかれるし、帰宅した場合も「普通車」ならば疲れが残って仕事にならないけど「グリーン車」なら仕事ができます。

それを考えると、4640円を支払う価値は十二分にあります。

まだ新幹線で「グリーン車」に乗ったことが無い人は今度乗ってみられるといいですよ。

スポンサーリンク

 

 

ただいま広告募集中です!

このサイトでは、バナー広告を募集しています。
規格
サイズ 縦300×横300ピクセル
データ形式 GIF形式もしくはJPG形式
データ容量 30KB以下
広告料(1枠)
月間アクセス数 約3万件(※)
(1)ページ
1カ月:20,000円
(継続割引有り : 継続3カ月目から18,000円、継続6カ月目から15,000円)
広告料は、一括前納となります。
リンク先が公序良俗に反する場合、掲載をお断りする場合もありますので、ご了承ください。
(※アクセス数は保証できるものではございません)

-列車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

新幹線について

あなたは、田中角栄首相が1972年に発表した日本列島改造論をご存知でしょうか? これは、 「日本列島を高速道路と新幹線で結び、人と物の流通を円滑にすることで地方と都市の格差をなくす」 という計画です。 …

スポンサーリンク