スポンサーリンク
スポンサーリンク

芸能人

釈由美子の大ファンです。

投稿日:

突然ですが、私は、釈由美子さんの大ファンです。
このページを訪れたあなたもきっとそうでしょう。
このページでは、釈由美子さんについて語りたいと思います。

スポンサーリンク

私が釈由美子さんの大ファンになってしまったのは、2001年の映画「修羅雪姫」でしょう。
それまで釈由美子さんといえばバラエティ番組で天然ボケな人のイメージだったのですが、「修羅雪姫」の釈由美子さんはバラエティ番組の釈由美子さんとは全くの別人。笑わず迫力満点の声でメチャメチャかっこいい釈由美子さん。派手なアクションもこなせるのね。「修羅雪姫」といえば梶芽衣子さんのシリーズ作品が有名ですが、梶芽衣子さんの「修羅雪姫」と釈由美子さんの「修羅雪姫」とは全然別モノ、世界観そのものが違います。
さらに釈由美子さんの運動神経の良さ。
嶋田久作さん一味と釈由美子さんの立ち回りは必見。圧倒されまくりの立ち回りにワイヤーアクションがプラスされ、その剣さばきの速さ(コマ落しかもしれませんけど……)といい空中アクションといい、この作品で釈由美子さんのファンになった人はたくさんいるでしょうね。

スポンサーリンク

釈由美子さんは、翌年の2002年にゴジラ対メカゴジラに出演されています。
1974年版の「ゴジラ対メカゴジラ」のときは、メカゴジラは宇宙人の手先でゴジラは人間の味方として描かれます。
しかし2002年版の「ゴジラ対メカゴジラ」は、全く逆の設定。
メカゴジラが人間側でゴジラは天災の扱い。
メカゴジラは3式機龍と呼ばれ、それを操縦するのが釈由美子さん。
釈由美子さんの役名は「家城 茜」という名で自衛隊の三尉28歳という設定。この当時の釈由美子さんの年齢は24歳。そう違和感はなかったです。
ヘルメット姿の釈由美子さんもなかなか素敵で色気がありました。

スポンサーリンク

釈由美子さんは、その後、深夜ドラマの「スカイハイ」の主演も勤められました。
高橋ツトム先生が原作の漫画のドラマ化です。
釈由美子さんの「お生きなさい」というセリフで締めるドラマで、深夜枠であるにもかかわらず、高視聴率を得たので映画化もされています。
映画の主演ももちろん、釈由美子さんです。
その後、数多くのドラマに出演された釈由美子さんは、2015年に実業家と結婚され、38歳の誕生日の日に長男を出産されました。
釈由美子さんは、高齢でも無事にご出産され本当におめでたいと思います。
お母さんになられても、今後の活躍を期待したいですね( ^)o(^ )

スポンサーリンク

 

 

ただいま広告募集中です!

このサイトでは、バナー広告を募集しています。
規格
サイズ 縦300×横300ピクセル
データ形式 GIF形式もしくはJPG形式
データ容量 30KB以下
広告料(1枠)
月間アクセス数 約3万件(※)
(1)ページ
1カ月:20,000円
(継続割引有り : 継続3カ月目から18,000円、継続6カ月目から15,000円)
広告料は、一括前納となります。
リンク先が公序良俗に反する場合、掲載をお断りする場合もありますので、ご了承ください。
(※アクセス数は保証できるものではございません)

-芸能人

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

スポンサーリンク