スポンサーリンク
スポンサーリンク

相場

FXとは?

投稿日:2017年3月31日 更新日:

ここ数年にわたって一般化したFX。
FXとは、為替の信用取引のこと。
10年以上前までは、「信用取引をやるなんて、なんて恐ろしい!」な風潮がありましたが、今ではFX取引は普通の人がやっています。
このページではFX取引について書いてみました。
別にFXトレードをやっていなくても、為替レートをいつもチェックする必要はありますよね。ビジネスマンなら為替レートを気にするべきでしょう。

スポンサーリンク

さて、FX取引で代表的なのは、アメリカドルと日本円。
アメリカドルは、数年前には75円の最安値を付けていますが、それから120円台まで価格が上昇しました。
単純な例でいいますと、FX口座に75万円が入金されていて、1ドル75円のときに1万ドルを購入したとします。その状態で1ドルが120円になったときにその1万ドルを売れば、あなたのFX口座の入金額は120万円になるわけです。
75万円が120万円に増える。45万円も儲かるわけです。
まあこれは、1倍でやった場合の金額ですが、信用取引の場合はレバレッジが効きます。10倍とかのレバレッジは普通です。
75円の時に10倍のレバレッジを使えば、あなたの口座にある75万円で購入できる最大は1万ドルではなく10倍の10万ドル!
その10万ドルを120円のときに売れば、45万円の10倍の450万円が儲かるわけです。
75万円の口座がいきなり450万増額して525万円になると。
こりゃ凄い!FXが注目されて取りだたされたのにはこんな理由があるわけです。

スポンサーリンク

夢のようなFX取引ですが、当然、リスクもあります。
思った方に行ったらお金は増えますが、反対に振ったらその分なくなります。当たり前ですね。
10万ドルで購入したものの、1円上がったら10万円増えますが1円下がったら10万円マイナスになります。最安値で購入できればいいのですが、価格はどうなるかわかりませんから。相場を張るのはギャンブル。博打ですね。
2012年のリーマンショックでドル円は75円まで下がりましたが、その前の最安値は79.8円。
1995年の超円高といわれたときの価格です。
1995年の79.8円は、いくらなんでも割らないだろうとの予測から、2011年あたりにFXをやっていた人たちは、リーマンショックでドルが下がったとき、100円台や90円台は強気で購入していたのです。
資金がある人は、80円台はさらに強気で購入していました。それが、79.8円の最安値を割り込んだときに、軒並み破産。
私の知人も10億円くらいなくした人がいました。その人は会社を売却した1億円を為替に突っ込んで3年で10億円以上に増やした人だったのですが、リーマンショックのときに全部吹っ飛ばしました。かなり荒れてそれまでの人脈をすべて失ったようです。
まあ、そんなリスクもあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

そんなリスクもありますが、FX取引をやるためにFX口座を作る人はかなり増えているようです。
「デイトレードだと安全」と、スキャルピング(短時間で売買を行うトレード手法)をやる人もいます。
1万ドルでやって1円動いたらすぐに利益確定、1円反対に振ったらロスカット。
そんなやり方です。
1万円勝つか1万円負けるか。
そんな感じでしょうけど、取引には手数料とスプレッドが掛かります。
つまり、1万円勝っても手数料とスプレッドを考えたら実質増える資金は7000円。
1万円負けたときは手数料とスプレッドを考えたら実質減る資金は13000円。
勝率7割でも大して資金は増えません。さらにスリッページが発生しますと、客に不利な約定となりますので、マイナスになる場合もあります。
実質的に、勝率9割でもお金は増えず。大きなスリッページが発生すると、勝率9割でもマイナスになる場合がありますから、FXは注意が必要です。
ちなみにFX業者の中には、意図的にスリッページを発生させて客の金を奪っている業者もいますから、やらない方がいいかもしれません。
ちなみに私は、度々のスリッページに嫌気がさしてリーマンショックの前にFXから撤退したクチです。

スポンサーリンク

 

 

ただいま広告募集中です!

このサイトでは、バナー広告を募集しています。
規格
サイズ 縦300×横300ピクセル
データ形式 GIF形式もしくはJPG形式
データ容量 30KB以下
広告料(1枠)
月間アクセス数 約3万件(※)
(1)ページ
1カ月:20,000円
(継続割引有り : 継続3カ月目から18,000円、継続6カ月目から15,000円)
広告料は、一括前納となります。
リンク先が公序良俗に反する場合、掲載をお断りする場合もありますので、ご了承ください。
(※アクセス数は保証できるものではございません)

-相場

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

金を買う!

タイトルの読み方ですが、「かねをかう!」ではなく「きんをかう!」です。 最近ですが、金塊を購入する人が非常に増えています。 ちょっとした金塊ブームになっているようですね。 金をインゴット、純金で買って …

スポンサーリンク