スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車

中古車をよく購入します。

投稿日:2017年3月30日 更新日:

私は、中古車が大好きです。
「中古なんてよくない!何かあるから中古なんですよ!買うなら新車でしょ!」
知人からそう言われましたが、私が自動車を買うときは、やっぱり中古車を買ってしまうのですよ。
スポンサードリンク

スポンサーリンク

なぜ新車を買うよりも中古車を買う方がいいかというと、断然、安いから。
「安いってことは、壊れて修理代がかかるんで、やっぱり新車買った方がとくじゃんか!」
そんな意見もありますが、別に、
「新車で買っただけど壊れたから中古車として売った」
ような車ばかりが中古車として売られているわけではありません。というか、そんな中古車の方が少ないかもしれません。
大抵は、
「買ってみたけど乗らなくなったから売った」
という車がほとんど。
新車のときは500万円くらいした高級車が、走行距離2万キロの5年落ちとなると100万円くらいで手に入る場合があります。
その車が別に悪いから安いわけではありません。
人気がない車や、逆に、新車時に人気があってタマ数があり過ぎて中古車では余り気味な車。また、ボディの色が特殊な色の場合は、思ったよりも安い金額で売られています。
「その中古車自体は良い車なんだけど、色が不人気なので安い!」
そんな中古車を買うことができたらラッキーですね。
スポンサードリンク

スポンサーリンク

考えてもみてください。
あなたが考えている予算で新車ならば軽自動車ですが、5年落ちの中古車で探せば、メルセデスベンツCクラス、BMW3シリーズ、アウディA4あたりが買えるとすればどうでしょうか?
あなたのマンションの駐車スペースに置いていても、軽自動車を置いているのとメルセデスベンツCクラスを置いているのとでは、周りの見る目が全然違いますよね?
嫉妬されてキズつけられる?
新車の軽自動車を買ってもその問題は付きまといます。それが心配なら、絶対嫉妬されないような「廃車寸前の軽トラ」にでも乗るしかないですって。新しい車買ったら、嫉妬されるのもリスクのウチ。
それよりも、乗っている車で人の目は本当に変わるものです。
BMWで近所のスーパーに買い物にいったら駐車場の警備員さんやスーパーの店員さんから「大事なお客様」をみる目で見られるでしょう。
あなたの愛車がアウディA4ならば、知人のパーティでホテルに呼ばれても、恥ずかしくなく愛車でホテルに乗り付けることができるし、ご友人のあなたを見る目も良いように変わるでしょう。
スポンサードリンク

スポンサーリンク

「ベンツやBMW、アウディは、維持費が掛かるのでは?」って?
外車の場合、外車ディーラに車検や修理を頼んだら、法外なる金額を請求されます。しかし外車専門の町工場を探して持ち込めば、国産車並みの金額で車検や整備をしてもらえます。パーツ代にしても、ベンツ、BMW、アウディは日本ではかなり数がでているので各部品も数多く出回っています。容易に安価で手に入ります。中古車を何台も乗りついできた私が言うのだから間違いないです。
なんだかんだ言っても、他の人はあなたの持ち物であなたを評価するもの。
あなただって、軽自動車に乗っていた知人が、いきなりベンツに乗り換えたとしたら、
(悪いことやったんじゃないか、それとも借金して無理に乗ってんじゃないか……)
と最初は嫉妬するかもしれませんが、無理も何もなく普通に乗っているとすれば、
(こいつ、侮れないな、やるじゃんか!)
と評価を替えるのではないでしょうか?
人ってそういうものですよね。
そんなわけで、あなたも中古車を買ってみてはいかかでしょうか?
人生が変わるかもしれません。
スポンサードリンク

スポンサーリンク

 

 

ただいま広告募集中です!

このサイトでは、バナー広告を募集しています。
規格
サイズ 縦300×横300ピクセル
データ形式 GIF形式もしくはJPG形式
データ容量 30KB以下
広告料(1枠)
月間アクセス数 約3万件(※)
(1)ページ
1カ月:20,000円
(継続割引有り : 継続3カ月目から18,000円、継続6カ月目から15,000円)
広告料は、一括前納となります。
リンク先が公序良俗に反する場合、掲載をお断りする場合もありますので、ご了承ください。
(※アクセス数は保証できるものではございません)

-自動車

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

アメ車って、カッコいい~

大きな車体に大排気量エンジン、大馬力と大トルクで猛烈な加速を味わえるが、足回りが弱くて「直線番長」な車。燃費悪すぎぃ~。 アメ車という言葉から連想されるイメージは、そんな感じでしょうか。 確かに、60 …